雨宮 処凛

名前 雨宮 処凛
カナ アマミヤ カリン

プロフィール

 1975年、北海道生まれ。愛国パンクバンドボーカルなどを経て、2000年に自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版/ちくま文庫)を出版して作家デビュー。若者の「生きづらさ」についての著作を発表しつづける一方で、イラクや北朝鮮への渡航を重ねる。06年からは貧困問題、格差問題に取り組み、3.11福島原発事故以降は脱原発問題にも取り組む。  「反貧困ネットワーク」世話人、『週刊金曜日』編集委員、フリーター全般労働組合組合員、「こわれ者の祭典」名誉会長、「公正な税制を求める市民連絡会」共同代表。 著書に『生きさせろ!──難民化する若者たち』(太田出版/ちくま文庫、JCJ賞〈日本ジャーナリスト会議賞〉受賞)『プレカリアートの憂鬱』(講談社)、『14歳からわかる生活保護』(河出書房新社)、『子猫の肉球』(小学館)、『一億総貧困時代』(集英社インターナショナル)ほか多数。  共著書、『ワーキングプアの反撃』(福島みずほ、七つ森書館)『貧困と愛国』(佐高信、毎日新聞社)『対論 生き抜くこと』(香山リカ、七つ森書館)ほか多数。

カテゴリ別お知らせ