まんが 狭山事件

まんが 狭山事件
著者 勝又 進
安田 聡
ジャンル 社会科学 > 生存と反貧困
出版年月日 2006/10/01
ISBN 9784822806262
判型・ページ数 4-6・304ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

殺人事件でウソの自白を強いられて有罪となり、43年間無実を叫び続けている石川一雄さんと支援者の壮絶な闘いをまんがで読む。「この事件には多くの疑問が残されている。それを黙殺せず、キチンと検討する精神こそ、人間のための裁判所のもののはずである」(鎌田慧)
はじめに1章●事件のはじまり
 1事件発生
 2不当逮捕
 3死刑判決
 4無実の叫び
 5暴かれる真相
 6石川さんのたたかい
 7つくられた自白
 8ひろがる闘い
 9新たな裁判長2章●造花の判決
 1生いたち
 2差別との闘い
 3一人は万人のために 万人は一人のために
 4造花の判決
 5寺尾判決の不当性を暴く
 6誤判
 7証拠開示
 8上告棄却3章●再審を求めて
 1 18年目の新証言
 2最高裁にせまる
 3えん罪の恐怖
 4父の死
 5元刑事の証言
 6 5つの筆跡鑑定
 7悲しみをのりこえて
 8 25年ぶりの赤飯
 9獄中一万日
 10模擬陪審
 11万年筆はなかった
 12求意見4章●見えない手錠
 1仮出獄
 2われは浦島
 3各地を訴える
 4自白の真相
 5生い立ちを語る
 6見えない手錠を解く日まで

解説●43年無実を叫びつづける人
    ──石川さんと狭山裁判のいま

狭山事件年表

おわりに

石川さん支援の声を一人でも多くの人に

ご注文

1,500円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧