愛の永遠を信じたく候

啄木の妻節子

愛の永遠を信じたく候
著者 澤地 久枝
ジャンル 社会科学 > ノンフィクション・シリーズ“人間”
シリーズ ノンフィクション・シリーズ“人間”
出版年月日 2013/01/20
ISBN 9784822870102
判型・ページ数 4-6・296ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

石川啄木に愛され、啄木を愛し、そしてその才能をだれよりも早く、だれよりもつよく信じた妻・節子。その節子を描くことで、叙情詩人としてだけではなく、明治の政治の本質と真向かった文学者として、啄木を現在に生き返らせた伝記文学の傑作。

雪の跫音

処女詩集『あこがれ』

つかの間の平安

北海漂泊

〝半独身者〟

女教師 節子

「喜之床」二階

跳梁をはじめるもの

義絶

節子の節操

あいつぐ死

遺された命

文春文庫版のためのあとがき
本シリーズにあたってのあとがき
解説 佐高 信

ご注文

2,000円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧