民主主義をどうしますか。

民主主義をどうしますか。

激動する世界情勢、日本政治の中心で、つねに研究・発言してきた行動する政治学者が、現代日本のアベ政治を詳細に論考する。

著者 山口 二郎
ジャンル 社会科学 > 時事・社会
出版年月日 2016/04/01
ISBN 9784822816537
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

  「安倍は人間じゃない。たたき斬ってやる!」(もちろん、暴力をするわけにはいかないが、時代劇の主人公と同じ気持ち)。安保法制に反対する国会前の集会での発言だ。
 激動する世界情勢、日本政治の中心で、つねに研究・発言してきた。自民党から民主党への政権交代の仕掛け人でもある。行動する政治学者が現代日本のアベ政治を詳細に論考する。

序 章 2016年という分水嶺

第1章 民主主義と立憲主義
 1 頓挫した民主党というプロジェクト
 2 政党政治再建の道筋
    ──民主党再建から見た政党システムの今後
 3 安倍政権の500日
 4 安倍首相という争点
 5 選挙とメディア
 6 安保法制に関する反対意見
 7 安保法制反対運動の遺産をどう生かすか
 8 「傲岸不遜な権力者」対「個人の尊厳」

第2章 安倍政治とは何か
 1 安倍政治の行方
 2 永久革命としての民主主義
 3 『断腸亭日乗』から戦争を考える

第3章 民主主義の主権者であること
     ──「本音のコラム」より

ご注文

1,800円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧