沖縄の環境・平和・自治・人権

沖縄の環境・平和・自治・人権

環境問題の研究者、弁護士、医師、ジャーナリストを中心に、世界的にみてもユニークな学際的研究グループが高江・辺野古問題を検証。

著者 日本環境会議沖縄大会実行委員会
ジャンル 社会科学 > 時事・社会
出版年月日 2017/03/01
ISBN 9784822817671
判型・ページ数 4-6・264ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

オスプレイ墜落事故、辺野古裁判を最高裁は上告棄却……、沖縄の民意は「オスプレイはいらない」「辺野古に新基地はつくらせない」ことにある。10月に開催された日本環境会議沖縄大会のレポートから、高江と辺野古の問題について、専門家がアカデミックに検証します。“オールスター”ともいえる豪華執筆陣です。

はじめに……寺西俊一

総 論 沖縄から未来を拓く……桜井国俊
     1 特別講演 日本にとって沖縄とは何か……新崎盛暉
     2 基調講演 沖縄の環境問題……桜井国俊
     3 基調講演 安全保障と沖縄……我部政明
     4 基調講演 安全保障と地方自治……宮本憲一
     5 基調講演 国際人権と環境・文化──先住民族の視点から……上村英明

第1部 環境・平和・自治・人権についての辺野古・高江の問い
     はじめに……花輪伸一
     1 生物の多様性豊かな辺野古・大浦湾と埋め立て問題……安部真理子
     2 東村高江・国頭村安波の自然と米軍ヘリパッド建設の影響……宮城秋乃
     3 「高江アセス」の問題点……宮城邦治
     4 オキナワ問題とは何か……屋良朝博
     5 戦後日本の立憲主義の欺瞞と沖縄が主張する自己決定権……島袋 純
     6 日本の環境アセスメントの問題点……原科幸彦
     7 沖縄の全基地返還への展望……前泊博盛

第2部 辺野古が提起する法的(国際法を含む)諸問題
     はじめに……喜多自然
     1 米軍への提供施設・区域と環境保全……新垣 勉
     2 脅かされる地方自治──辺野古争訟(裁判)の検証……徳田博人
     3 辺野古が問う日本の環境民主主義──オーフス条約の視点から……大久保規子
     4 どの故郷にも戦争に使う土砂は一粒もない……阿部悦子
     5 国際社会から見た辺野古新基地建設……吉川秀樹
     6 東アジアの平和と辺野古新基地建設……ガバン・マコーマック

第33回日本環境会議沖縄大会宣言

あとがき……真喜志好一

ご注文

2,500円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧