人間社会の日本歴史

人間社会の日本歴史

「人間が歴史上積み上げてきた最良の歴史的産物はデモクラシー制度である」(はじめに)。歴史に基づき、今後どうすべきかを考察。

著者 竹内 康朗
ジャンル 社会科学 > 時事・社会
出版年月日 2017/06/15
ISBN 9784822817763
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

「人間が歴史上積み上げてきた最良の歴史的産物はデモクラシー制度である」(「はじめに」より)。
年代と項目ごとに現状分析から初めて、歴史事実に基づいて、現代をどのように考えるか、同時に今後どうすべきかを考えます。
はじめに

プロローグ この列島に住み着いた人々

第1章 日本という国づくり

第2章 軍事(武士)政権による統一国家の確立

第3章 天皇制立憲主義による近代国家の成立と富国強兵

第4章 二度の世界戦争における「国益」と民衆

第5章 戦争を引きおこさない国をめざして

第6章 戦争に巻き込まれる国から戦争に備える国へ

第7章 戦争ができる国づくり(国益と民益のせめぎあい)

第8章 脱原発と保守の暴走

第9章 歴史から浮かび上がる今日的課題
    (1)アジア諸国(特に中国とアメリカ)との関係
    (2)民主主義と平和の問題
    (3)これからの地球と経済の問題
    (4)「東アジア共同体」構想の概念
    (5)歴史と教育の問題
    (6)今の心境

主要参考文献

ご注文

1,800円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧