新刊

満州開拓団の真実

なぜ、悲劇が起きてしまったのか

満州開拓団の真実

軍隊の庇護も受けず、現地に取り残され、逃げまどったあげく自決した「満州開拓団の悲劇」を、元毎日新聞記者が後世に伝える。

著者 小林 弘忠
ジャンル 社会科学 > 戦争と平和
出版年月日 2017/08/09
ISBN 9784822817800
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

 特定秘密保護法、集団的自衛権の行使容認、「共謀罪」の強行採決といった政策は、満州開拓団の過去をないがしろにしている。軍隊の庇護も受けず、現地に取り残され、逃げまどったあげく集団自決した「満州開拓団の悲劇」を、日中戦争から80年の今、元毎日新聞記者が後世に伝える。
はじめに

第一章 開拓民の犠牲者は八万人余

第二章 陸軍が主導した満州移民事業

第三章 ソ連軍の来襲

第四章 死の結束

第五章 沈黙の名簿

第六章 流血と闇市

第七章 強権発動もできなかった軍

第八章 大本営の哀訴

第九章 重かった終戦への舵

第十章 政府・軍の相互情報隠し

「満蒙開拓平和記念館」──あとがきに代えて

参考文献

ご注文

2,000円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧