新刊

オランダ流コーチングがブレない「自分軸」を作る

オランダ流コーチングがブレない「自分軸」を作る

自分の体験をもとに、「教えない」ことで、人が本来持っている力を発揮し、「自分軸」を鍛えて、夢を叶えていくエッセンスを伝える。

著者 石川 尚子
ジャンル 文芸
出版年月日 2017/12/15
ISBN 9784822817909
判型・ページ数 4-6・176ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

 ビジネスコーチとして、多種多様な方と接する中で「自信がない」「もっと自信をつけたいです」と言う方が、最近は非常に多いと感じています。実は私自身も、そんな「自信のない自分」にずいぶんと苦しんできました。
 でも、さまざまなご縁があって、コーチングと巡りあって、実践し、オランダの教育現場に触れていく中で、「自分軸」が定まり、乗り越えることができました。だから、今、自信がないあなたも大丈夫!
 本書では、著者自身の体験を交えながら、「教えない」ことで、人が本来持っている力を発揮し、「自分軸」を鍛えていきながら、夢を叶えていくエッセンスをお伝えします。
はじめに

第1章 「他人軸」で生きている私たち
 「自信」という幻想
 中学生で、もう夢をあきらめている?
 他人と比べていると、気持ちは常にざわつく
 自分のすべてを他人に委ねるのは、もったいない!
 資格をとれば、人生は変わるのか?
 「できない理由」をみつけて安心する
 あまりにも低かった「自己肯定感」
 「教える」から「自分軸」が奪われる

第2章 あなたは人生で、何を成し遂げたいですか?
 実際にコーチをつけてみる
 あなたは自分の人生で、何を成し遂げたいですか?
 子どもの頃の〝夢〟がよみがえる
 自信がつく日は、一生来ない!
 「なぜ、できないの?」から「どうすればできる?」へ
 問題が、問題でなくなる!
 今回は、たまたま上手くいかなかっただけ
 私以上に、私のことを信じて接する
 「次もいけるのでは」という自信
 夢を叶える力は、誰にでもある

第3章 自分の気持ちと、じっくり向き合う
 気づきの連鎖を生み出す
 耐えて、耐えて見守る
 自ずとしゃべりたくなる
 勝手に気づき、勝手に前進する
 コントロールはしない
 自分の意識が「現実」を引き寄せる
 話をするだけで、課題が解決する
 自分の枠に気づく
 自分にOKを出すと、結果もついてくる
 すべては自分次第
 目の前の人を信じ続ける

第4章 自分で計画を立て、実践し、振り返る
 コーチングがベースにあるオランダ
 行きたい学校は、自分で選ぶ
 勉強したいことも、自分で決める
 学ぶ手段は、1つではない
 とことん強みを伸ばし、活かしていく
 時間割を自分で作り、評価も自分でする
 自分で考え、学ぶことを促す
 子どもの可能性を、どこまでも信じる
 4歳から「PDCA」
 他人の評価に振り回されて、生きるのはやめよう!

第5章 失敗はない! あるのは「体験」と「省察」だけ!
 徹底して実践力を養う
 不完全でも、まずはやってみる
 実践して、振り返る。そして、次へ
 うまくいかなくても大丈夫!
 「自分なりの理念」を確立する
 今、自分ができることは何か?

第6章 「教えない」から夢が叶う
 「教える」から、正解を求め続ける
 外側に「答え」を求めるから、混乱し続ける
 「こうすれば、必ずうまくいく!」って本当?
 知識ややり方だけでは、結果は出ない!
 健全な自己肯定感を育てる
 自己基盤が整うと、目の前の人が変わる
 「自己探求」と「アウトプット」が自分を整える
 今、やりたいことが1番目
 「できる」が前提で考える
 他人の価値観に縛られ続けるの、やめませんか?
 外側で、何が起きても大丈夫!
 楽しく生きている姿に、勝るものはない!
 私自身のあり方と、これからの夢

おわりに
 ビジネスコーチである著者は、多種多様な方(小・中学生から企業の経営者・管理職まで)と接する中で「自信がない」「もっと自信をつけたい」という方が、非常に多いと感じていました。

 実は著者自身も、ずっと「うまくやらなければ」「期待に応えなければ」「『スゴイ人だ!』と思われなければ」という強迫観念があり、他人の評価が得られなければ、自分の価値を感じられませんでした。まさに「他人軸」で生きていたのです。

 「自信」とは一体、何なのでしょうか?
 どうして、私たちはこんなにも「自信」を追い求めてしまうのでしょうか?

 本書の前半では、ネガティヴだった著者がコーチングに出会って、自分の夢(本を出版する、学校で教える)を叶え、自分と人の可能性を信じられるようになった体験を紹介していきます。後半では、コーチングがベースにあるオランダの教育現場に触れたことによって、無駄な力を抜いて「自分軸」で生きることの心地良さをつかんでいった経緯をお伝えしていきます。

 現代社会では、ちょっと黙っていると、すぐに誰かから「こうすればいいんだよ」と言われてしまいがちです。また、テレビや新聞、雑誌や書籍、インターネットやSNSから、洪水のように情報が入ってきます。そのために、自分の気持ちと向き合うことができないまま、他人の価値観ややり方を押しつけられ、「自分軸」を見失っていくのです。

 「がんばっているのに、前進している感じがしない」「どこか自分に自信が持てない」「どうしても、人と比べてザワザワしてしまう」「人の目を気にしないで、動ける自分でいたい」「やり方を学んだけれど、結局は実践できない」「もっと軽やかに結果を作りたい」……

 こんな項目に思い当たる人には、オススメです。

ご注文

1,500円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧