自費出版

本を取り巻く状況が厳しい昨今、出したくても、残念ながら出版できない本が増えてきました。記録として止めておきたくても、出版をあきらめざるを得ないこともおありかと存じます。せっかくの機会を逃したくないとお考えの方もいらっしゃると思います。そのような時は、ひと言ご相談ください。私たち七つ森書館のスタッフがお手伝いします。
 これまでに、七つ森書館では次のような本の自費出版のお手伝いをしてきました。若い頃に書いた童話集、家族の記録、小説、随筆集、また専門知識を要する学者の方の研究書(理系から文系までのジャンル)、専門家が書いた啓蒙書等々、広範囲の分野の本を出版してきました。
 自費出版は「お金ばかりかかって、ロクな本が出来ない」と揶揄されることもありますが、大きな喜びにつながる出版の方法です。出版文化の一翼をになっていて、自費出版でしかなしえない本も次々に出版されています。七つ森書館の自費出版の特徴は次の通りです。

○私たち七つ森書館がつくる書籍とまったくおなじ編集をします。自費出版だからといって手抜きをしません。
○ブックデザインも一流のデザイナーが手掛けます。

 次のようなご要望にもお応えします。

○アマゾン等のネット書店に情報を提供したい。
○在庫は常に常備して、書店からの注文に応えてほしい。

 よろしければ、ご検討ください。

お知らせ

一覧