「毎日新聞」の書評欄にて『いつか見た映画館』が紹介されました。

(2016年11月13日号 今週の本棚)川本 三郎さんからの書評

少年の日の心で語る戦後映画体験史

凄い映画の本。圧倒された。洋画、邦画問わず懐かしい昔の映画を語り尽くす。子供の頃に見た記憶、感動をいまも忘れない。戦後映画体験史になっている。誰もが西部劇や喜劇映画に夢中になっていた「映画の時代」が個人史としてよにがえる。

カテゴリ別お知らせ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加