2017年7月号「月刊クーヨン」で『自己責任社会の歩き方』が紹介されました。

 2017年7月号「月刊クーヨン」の「book review」で、雨宮処凛著『自己責任社会の歩き方』が紹介されました。

いまの世界は生きるに値するのだろうか?

 長年、貧困や格差問題に取り組む著者のウェブ連載をまとめた一冊。あらゆることが『自己責任』で、弱音を吐くことすら許されない昨今。ただしあわせに生きることがどうしてこんなにも難しいのか、と問う。
 近年起きた国内の悲惨な事件とともに、とくに印象深いのは徴兵制度を逃れて亡命した韓国の青年の話。連鎖していく暴力の恐ろしさとともに、自分らしく生きることについて考えさせられる。」

カテゴリ別お知らせ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加