『自己責任社会の歩き方』2刷出来!

 「いつからか、この国に生きる多くの人が、自らは『守られていない』と思うようになっている。東大を出て電通に就職したって、自ら命を絶つほどに追いつめられるのだ」(「まえがき」より)。
 弱いもの、貧困者、障害者が徹底的に踏みにじられる貧困社会。相模原事件、電通過労死事件はじめ、心痛む悲惨な事件を通して現代の病巣を描く。

カテゴリ別お知らせ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加