2018年3月号「月刊 学校教育相談」で『オランダ流コーチングが〜』が書評!

 2018年3月号の「月刊 学校教育相談」の「ブックレビュー」で、石川尚子著『オランダ流コーチングが「ブレない」自分軸を作る』が取り上げられました。

 「オランダの教育のベースにはコーチングがあり、教員養成もコーチングの手法を使って行われているそうです。著者は「オランダの教員養成課程を体験する講座」を開く、コーチングのプロです。
 他人と自分を比べて生きていく「他人軸」の生き方でいると、気持ちが常にざわつく。「自分で考え、自分で決めて、自分で行動していく」という「自分の内側にある不安や恐れから解放される──本書を読んでいくと、自分軸へのシフトにコーチングが有効であることがよくわかります。
 コーチングは「引き出す」アプローチです。引き出すためには、「すでにその人の内側に引き出すものがある」と信じることが前提となります。
 「『私は目の前の人を本人以上に信じられるコーチであり続けたい』と心から思います」という文章にふれたとき、その「あり方」は教育のベースになると深く感じました。」

カテゴリ別お知らせ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加